下北半島紀行 1

下北紀行 その1(三沢~尻屋崎~恐山)

三沢は、飛行機ゆかりの地、三沢基地(三沢空港)に隣接する場所には
三沢航空科学館があり、自衛隊や米軍、創生期の航空機が展示されており、
特に目を引くのが、十和田湖から回収された旧陸軍の一式双発高等練習機です。
画像
画像

三沢から太平洋を、小川原湖、六カ所村、東通村を経て約90kmを尻屋崎まで移動しましたが、ほとんど海岸が見れず残念でした。
尻屋崎は、白亜の灯台と寒立馬で、ここの馬は、人慣れしており好奇心旺盛で、カメラを向けるとレンズを舐めに近寄って来ました。
画像
画像
画像
画像

恐山は、カルデラ湖の外輪山とあって、ところどころ硫黄の噴出口があり、草木の生えないところや硫黄臭などで、さらに霊場的な場所をかもし出しているかもしれません。
画像
画像
画像
画像

恐山の南には釜臥山があり、頂上からむつの街並みや尻屋崎方面が一望でき、頂上には、レーダーサイトが設置されています。
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック